小学校受験のための幼稚園選び

小学校を受験してみようと考えているならば、その前の幼稚園選びも重要になります。子どもが幼稚園で過ごす時間は案外長いもの。子どもが喜んで通いたくなる、子どもの性格に合った幼稚園を選ぶのはとても大事なことです。それと同時に、小学校受験を考えているならば、受験するにあたってプラスになる幼稚園か、マイナスになってしまう幼稚園かを親がしっかりと見極める事も大切です。幼稚園生活は子どもだけでなく、親の方も毎日の送迎やお手伝いなどで深くかかわる場所。有益な情報が手に入ったり、一緒に切磋琢磨しあえる仲間に囲まれて過ごす事が出来る場合もありますし、周りは受験しない親子ばかりで浮いてしまったり、あらぬ噂を立てられることも無いわけではありません。情報をしっかり収集し、悔いのない幼稚園選びをしましょう。

いわゆる「お受験幼稚園」ならまずはひと安心

小学校を受験することを考えて幼稚園を探すとき、真っ先に思い浮かぶのはいわゆる「お受験幼稚園」と呼ばれる幼稚園ではないでしょうか。「お受験幼稚園」と一口で言っても中身はさまざまです。受験に有利になるようなお勉強中心のプログラムになっている園、または特別な事はしないものの単に受験する親子が数多く在園する園など、明確な違いがありますので入園説明会などで確認しておく必要があります。どちらにしても小学校受験を目指している親子が多いのは確かなこと。毎日の送迎での待ち時間などでも、受験に関する有力な情報を得られる機会は多いでしょうし、同じ価値観の親子と友だちになれるのは良いことです。ただし、同じ価値観の人ばかり集まる空間は息苦しさを感じる場合もあるのも確かです。自分は園に何を期待するのか、しっかり意識して選びましょう。

受験に無縁の幼稚園にもメリットはあります

小学校を受験するような人は、ほとんど在園していないような幼稚園は受験に不利なのでしょうか。また「お受験幼稚園」をいくら希望していても、そのような幼稚園は通える範囲に無い場合も考えられます。受験に無縁の幼稚園に通う場合は不安を覚えるかもしれませんが、決して悲観することはなく、むしろ良い点も多々あります。受験に無縁の園は勉強中心ではなく、身体を思い切り動かしたり園庭で時間を気にすることなく遊べたり出来る場合がほとんどです。幼児らしく園ではしっかり友だちと遊び、降園後はしっかり勉強するというようなメリハリのある生活を送ることができます。また小学校受験にあまり興味の無い親子が多いのがプラスに働くこともあります。有益な情報は集まりませんが、その分根拠の無い噂話に振りまわされることもありませんし、マイペースで受験に向かえるのはメリットと言えます。幼稚園は子どもが最初に出会う社会でもあります。子どもにも自分にも、最良の選択をしましょう。

小学校受験は、詰め込み式やスパルタでは合格出来ません。 「いつもは出来るのに、本番では出来なかった」なんてことのないように独自の工夫をしています。 伸芽会で行っている小学校受験の公開模試には、毎年2万人が参加しています。 伸芽会は小学校や幼稚園受験をする子どものための幼児教室です。 不景気や少子化にも関わらず、小学校受験をする家庭の数は伸び続けています。 小学校受験で名門学校へスキルアップ!