小学校受験をを受ける子供の保護者の服装

小学校受験は子供の学力で合否が決まる高校受験や大学受験とは異なり、親の出番が多い特徴があります。受験するのは幼稚園または保育園に通う子供なので、お受験したいか否かの決断はできたとしても、「受験したい」「この学校に行きたい」という決断は親の判断で成されていることでしょう。実際の受験の場でも親の存在は大きくなり、特に「願書」と「面接」については親が重点的に見られる場と考えても良いほどです。面接については受験をする子供の受け答えや態度ももちろん大切ですが、私立の小学校受験は必ずといっていいほど親子セットでの面接が行われるため親の態度や服装はとても重要です。特に服装については社会人としての常識や、その学校の校風に適しているかという判断材料となるのでとても重要なのです。

母親の服装は濃紺のスーツが定番

小学校受験の面接時の親の服装については、父親も母親もスーツが鉄則です。母親の場合はセパレートのスーツでも良いですが、ワンピースにボレロのツーピースが一般的です。セパレートの場合、襟はショールカラーかテーラードで、あまりカッチリとしたビジネス風スーツよりも柔らかい印象のものが好ましいです。色は濃紺です。濃紺でなければいけないという決まりは特にないのですが、圧倒的に濃紺を着て臨む人が多いため、黒やグレーではなく濃紺のスーツを着用する方が浮くことがなく無難です。また、面接時は椅子に座って自分の番が来るまで待つため、あまりヨレヨレの生地のものを選ぶといざ面接時にシワシワでだらしない印象を与えてしまうため、シワになりづらいある程度生地の品質の良い物を選ぶことも大切です。

父親の服装はスーツ、小物にも注意が必要

父親の服装もまたスーツです。しかし、濃紺でなければNGという決まりはなく、濃いグレーでも問題ありません。ワイシャツは白無地で、カジュアルなボタンダウンのシャツは避けます。そしてネクタイも紺かグレー系で柄が派手でないものを選びます。そして靴については母親も父親も黒のシンプルな革靴です。母親のヒールは高すぎず、5cm程度のものがベターです。カバンについても黒無地のシンプルなもので、父親の場合はビジネス用のブリーフケースでも問題ありません。母親のバッグは革やナイロンのシンプルなもので、一見してわかる高級ブランドは避けます。室内で履くスリッパを持参しますが、スリッパも父母共に黒か紺の無地のものを持参します。父母共にヨレヨレの服装はNGですが、いかにもブランド品という目につくスーツは避けて、シンプルで上品な装いとすることが大切です。